フラワートルティーヤの作り方

布巾の上にフラワートルティーヤが5枚重ねておいてある




ここでは誰でも簡単にフラワートルティーヤを作る方法&作りやすい分量で紹介します。
焼き上げたフラワートルティーヤは冷凍しておくこともでき、たくさん作っておけば気軽にラップサンド(ブリトー)などを楽しむことができますよ。
トルティーヤラップサンドが2つ木製の皿の上に乗っている

フラワートルティーヤはラップサンド(ブリトー)やケサディーヤに欠かすことができないアイテムですが、日本ではちょっと手に入りにくい存在です。無添加や、オーガニック素材にこだわりがあると、もうネットでの購入でさえ難しくなります。
それでは無添加&オーガニックフラワートルティーヤの材料と作り方を見ていきましょう。

フラワートルティーヤの材料(大8枚)

中力粉  3カップ
※全粒粉を混ぜるときは1カップ(全粒粉)くらいにとどめておくと作りやすいです。
ぬるま湯 1カップ
植物性油 80cc 
塩    2つまみ
ベーキングパウダー 小さじ1/2

ボブズレッドミル オーガニック ホールウィート フラワー (有機全粒硬質赤春小麦粉) 2.27 kg 全粒強力粉
ボブズレッドミル(Bob's Red Mill)

オーガニックの小麦粉でこのお値段はお得だと思います。全粒粉はふすまの部分がちょっと大きめに残っている商品が多いですが、この商品はとても細かく挽いてあって使いやすいですよ。

ちなみにコストコでも購入可能です(その時の在庫状況や店舗によっても違うと思うので、買いに行く前に確認してくださいね)

フラワートルティーヤの作り方

1.ぬるま湯を作っておく

2.中力粉、塩、ベーキングパウダーをボウルに入れ、泡立て器などでだまをとる
ボウルに粉、ベーキングパウダー、塩が入っているもちろん、粉ふるいにかけてもOK

3. ぬるま湯とオイルを加えて、こねて生地をひとかたまりにする
ボウルにフラワートルティーヤの生地が入っている
4.表面が滑らかになってきたら、分量外の油を薄く生地の表面に塗り、布巾をかぶせて30分寝かせる
フラワートルティーヤの生地に布巾をかぶせている

5. 生地を8等分に切り分ける
8等分に切り分けられたフラワートルティーヤの生地がボウルに入っている
6.フライパンを熱しておく

7.切り分けた生地を一つ取って薄く伸ばす
フラワートルティーヤ1個分の生地と麺棒がクッキングシートの上に置いてあるこのとき、ボウルに入っているほかの生地は乾燥しないように布巾をかけておく。

きれいに丸く伸ばすポイント!

最初は手のひらで丸を平らにする
フラワートルティーヤの生地厚さがだいたい均一になったら麺棒を使って薄く伸ばしていく

麺棒で薄く伸ばしたフラワートルティーヤの生地厚さ2mmくらいを目標に伸ばします

8.よく熱せられたフライパンで生地を焼く
フライパンで焼かれるフラワートルティーヤの生地ポコポコ気泡のように膨らんできたら裏返します。裏返してから2分くらいで焼き上がります。

9.焼き上がった生地は布巾で包んでケースに入れる
フラワートルティーヤの生地が布巾の中にしまわれるそのまま放っておくと生地が乾燥してしまい、ラップサンドなどが作れなくなっってしまいます。
布巾でくるんだ後は、蓋付きの容器に入れておきましょう。ない場合は大きめのジップロックや蓋付きのフライパン、お皿に大きなボウルなどをかぶせて代用してくださいね。

出来上がったフラワートルティーヤの生地が蓋付きの容器に入れられている

できたてホヤホヤの生地を熱々で食べるのもおいしいです。
今回はラップサンドにすることを前提に生地を8等分して大きめのフラワートルティーヤを作りましたが、16等分にするとメキシコで食べられているコーントルティーヤサイズになります。
手巻き寿司のように、タコスミートやサラダ、フムスインドカレーなどを巻いて食べるのも楽しいですよ。
トルティーヤラップサンドが4つ皿の上に乗っている 具材にフムスパプリカきゅうりが入っている

ちょっと作っている余裕がないという忙しい人は購入するのもアリだと思います。完璧ではないかもしれませんが、添加物少なめの冷凍フラワートルティーヤが販売されています。

まとめ

フラワートルティーヤの作り方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
フラワートルティーヤは残り物や常備菜をパパッと巻いて、美味しく食べられる魅力的な食べ物です。なので、きんぴらごぼう、かぼちゃやひじきの煮物とかもOK、意外と美味しくいただけます。
ラップサンドはおにぎりよりも具だくさんなので栄養バランスがよく、食べやすいお弁当になります。
信じられないくらいボロボロとこぼすことが少ないんです。「時間がなくて車の中で食べなくちゃいけない」なんて時にもオススメです。

トルティーヤラップサンドを車の中で食べている

そのうち日本のスーパーでも普通に売られるようになることを願い、一人でも多くの人にトルティーヤラップの魅力をお伝えできたらと思ってこの記事を書きました。

オーストラリアのトルティーヤラップが机に乗っている写真左側はオーガニックキヌア、右側はオーガニック全粒粉で作られたトルティーヤラップです。

アメリカやオーストラリアのスーパーではズラッと様々なタイプのトルティーヤラップが並んだコーナーがあります。

こんな感じのトルティーヤラップが日本で買えるようになるまで、せっせと手作りしたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です