パニプリの作り方:爽やかなインドスナック

パニプリ




パニプリはインド圏で人気のストリートフードの一つです。パニプリは日本語に訳すと「水揚げパン」日本人にとって新感覚の響きですよね。

パニプリはセモリナ粉などで作った小さなパリパリのボール状の皮に穴を開け、じゃがいもなどのフィリングを詰め、爽やかでスパイシーな冷たいスープに浸して食べます。

インドのストリートフードはずっしりしていてちょっとヘビーな味付けのものが多いですが、パニプリは別なんです!

サクサクした食感とミントやコリアンダー、レモンの清涼感がたまらない!アジア系料理が好きな人にオススメのスナックです。

それでは、早速パニプリに使用する材料から見ていきましょう。

パニプリの材料

パニプリパパド    約20個分
※穴を開けるときに失敗することがあるので、ちょっと多めに揚げておきましょう。

created by Rinker
SARTAJ サルタージ
¥880 (2020/10/21 18:34:50時点 Amazon調べ-詳細)

揚げ油        適量

パニ(タレ)
水          2カップ
チャートマサラ    小さじ1/2


砂糖         大さじ1
生姜(すりおろし)  小さじ1/2
ミント(みじん切り) 1/4カップ
パクチー(みじん切り)1/4カップ
塩          小さじ1
レモン汁       1/4カップ
青唐辛子(お好みで) 1〜2本

フィリング

じゃがいも      中2個
玉ねぎ(みじん切り) 1/4カップ
レッドチリパウダー  お好みで
コリアンダーパウダー 2つまみ
クミンパウダー    2つまみ
チャートマサラ    1つまみ
塩          小さじ1/4

手軽に済ませたい方はパニプリマサラとパニプリパパドがセットになって販売されていますよ。パニプリマサラはパニのスパイス&ハーブミックスです。水とレモンを加えるだけでパニができます。

フィリングはお好みでアレンジ
パクチー、発芽させた緑豆、茹でたグリーンピースなどを加えても美味しいです。邪道ですが、茹でたビーツ・とうもろこしなど甘みのある野菜もオススメ。
ビーツ入りパニプリ

パニプリの作り方 

1.パニプリパパドを油で揚げる
揚げたパニプリパパドがたくさん皿にのっているポイントはパパドを油に入れたら放置せず、転がしながら全体をまんべんなく揚げること。

2.じゃがいもを茹でる
切ってから茹でても0Kですが、まるごと茹でてから切った方がじゃがいもが水っぽくならなくて美味しいです。

じゃがいもを茹でている間にパニを作ります。
3.生姜をすりおろし、ミントやパクチー、青唐辛子をみじん切りにします
ミントとコリアンダーリーフがまないたにのっている1/4カップ分のミントとパクチーは上の写真位の量でした。

4.パニの材料をボウルに全て入れて混ぜ合わせます。
これで、パニが完成。
パニプリのパニがボウルに入っている
次にフィリングを作ります。
5.じゃがいもを小さめに切る。玉ねぎはみじん切りにしてボウルに入れる

6.フィリングの材料をすべて加えて、混ぜ合わせる
茹でたじゃがいもを小さく切ったものと発芽した緑豆が入っている
7.揚げたプリに1ヶ所は穴をあける。
親指に力をいれて簡単に割ることができますし、スプーンでポンポンと叩いてもOK
揚げたパニプリパパドに穴が空いている
8.穴にフィリングを詰め、パニをたっぷり入れて食べる
パニプリ

最後に

パニプリはまだ日本ではサモサのように浸透しているとはいえない料理ですが、とても美味しいと思います。

パニプリはインド圏では人気のスナックで、私は現地でパニプリ屋台をよく目にしました。
でも…インドで生水を使ったスナックを食べるのは相当の覚悟がいります。

ある日、お腹をこわしてもいい!(笑)と覚悟を決めてパニプリ屋台でパニプリを食べました。
すると、衝撃のうまさだったのです。
私のように「興味があったものの、現地では食べられなかった」という方もいるのではないでしょうか?
ぜひ、日本で安心な材料とともに作ってみてくださいね。

あなたにも至福のひと時が訪れますように。
om shanti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です