草木染め コットンのたんぱく質処理の方法(豆乳)

草木染め タンパク処理 方法




草木染めはたんぱく質と反応して着色します。そのためシルクやウールは染まりやすく、化学繊維は染めることはできません

シルクやウールは動物性たんぱく質でできているので、たんぱく処理をする必要はありません。しかし、コットンや麻は植物性なので、染色前にたんぱく質を染み込ませる必要があります。
このひと手間がたんぱく処理などと呼ばれているのです。

方法は薄めた豆乳に浸けておくだけ。難しいことは何もありません。
一つだけ気をつけたいポイントは、お天気です。
豆乳を染み込ませた後乾燥するので、お天気の良い日を選んで作業を行ってくださいね。

タンパク処理の方法

1 新品のものは一度洗濯します。

2 豆乳を倍の量の水で薄めたものに染める予定のコットンや麻を染み込ませます。布が浸かるくらいの量を用意してください。

草木染め タンパク処理 方法

3 30分以上浸けておいた後、洗濯機で30秒ほど脱水し、干します。

草木染め 豆乳 タンパク処理 方法

乾燥すれば草木染めに使用できます♪

タンパク処理 方法 草木染め

濃染剤

ここまで手軽にお店で購入できる「豆乳」を使ったたんぱく処理の方法を紹介してきましたが、濃染剤と呼ばれる薬品を使って処理する方法もあります。

使用方法は使用する濃染剤によって違ってくるようです。

私が使ったことがあるのがこのディスポンと呼ばれる商品。

created by Rinker
誠和(Seiwa)
¥850 (2020/09/22 17:23:46時点 Amazon調べ-詳細)

ディスポンの成分は特殊カオチン性高分子。
特殊カオチン性高分子といわれても…?という感じですよね笑
カチオンは陽イオンのことらしく、商品の販売会社SEIWAに教えていただいたのですが、環境への負担は特にないそうです。

ディスポンの使い方

1.80〜90℃の熱湯に1リットルにディスポンを3〜4ml入れ、布などを20分くらいゆらゆらと動かします。

2.水で洗いする。

草木染では、化学繊維は絶対に染まらない?

靴下など、なかなか自然素材100%という商品を見つけることが難しいこともありますよね。
先程化学繊維は染められないと言いましたが、論理的というか基本的な話で、なんとなく染めることは可能です。
草木染めは洗濯や日光に当たることで退色が進むので、頻繁に洗濯することがないものだったら化学繊維を染めてみるのもアリかなと思います。

ただ、一部ハーブ染めなど、元々濃い色を染められない染色素材で化学繊維を染めることは難しいかもしれません。藍や茜(あかね)など濃いめに染め上げることができる染色材料がよいでしょう。

ちなみに、コットン40%の合成繊維でできた靴下を染めてみたのですが、薄めですが染まりました。
色落ちのスピードも、コットン100%のものとさほど変わらないなと感じました。

藍の生葉染めに使った洗濯ネット

上の写真は藍の生葉染めをしたときに使った洗濯用ネットです。
何度も洗濯をしているのにも関わらず、元通り真っ白になってはくれません。だんだん薄くはなっていきますが、結構しぶといです(笑)
ちなみに、右側に移っている三角形の模様のあるネットは新品の状態で染色に使用しました。

 草木染めで染めやすい素材

草木染めでは、ウールやシルクは濃く染めることができるとお話しました。染色材料によってはウールやシルクに比べると、ちょっと薄いな〜と感じてしまうこともあるかもしれません。

コットンでも、染色専用の商品が販売されているのをご存知ですか?

草木染めを楽しむ方の中には、環境に優しいオーガニックコットンをチョイスしている人お少なくないと思います。しかし、よりしっかりと染めたい!と考えるのではれば、染色用のTシャツやストール、ハンカチなどを選ぶとよいです。

オーガニックコットンは精錬をしていないものが多いです。
精錬はコットンの葉カス、油などを薬剤を使用して除去する作業をいいます。

また、染色用ではないTシャツを染めると縫製の糸の部分だけ色があまりそまらないということも起こります。
ほつれにくい強い糸を使っているために、染め上がりに差が出てしまうようです。

気になる方は染色専用の商品を染めてみるとよいかもしれませんね。

3 件のコメント

  • […] ール、使い込んだコットンは染まりますが、新品のコットン、麻はそのまま入れてもほとんど染まりません。豆乳を使ってたんぱく処理が必要になります。 たんぱく処理の方法はこちら […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です