折り染めの方法

折り染め




今回は障子紙やティッシュペーパーなどを折りたたんで色を付ける、折り染めの方法を紹介します。

折り染めは子どもの色彩体験はもちろん、高齢者レクとしてもオススメです!

その理由は小さな子どもでも、ご高齢の方でも、誰でも素敵な作品を作ることができるからです
こうゆうことって、なかなかないんじゃないかな?と思います。
お絵かきをすると上手下手は一目瞭然ですよね。ちなみに、先日私の描いた「ハンマーシャーク」の絵は「イカ」に間違われました…(笑)

「どんな色や模様になるかな?」と紙を広げるときにわくわくします。
折り染め アレンジ

できあがった作品は、箱に貼ったり、七夕の飾りにしたり、ノートの表紙にしたり、ラッピングに使ったり…とアイディア次第でけっこう活躍してくれます。
自分の好きな色を使って、オリジナルのアイテムを作りませんか?

七夕飾り

特におすすめしたいのは七夕飾り
折り紙で作るよりもナチュラルな風合いが楽しめます。

にじみ絵 の箱 七夕飾り

折り染めに使う材料

・水
・習字の紙や障子紙(しょうじがみ)
ティッシュペーパーでも楽しむことができます
・絵の具 (赤・青・黃の3原色がオススメ)

折り染め 紙のたたみ方

1 障子紙を好きな大きさに切る。

あまり大きく切ると絵の具が均等に染み込みにくくなります。
文庫本半分くらいの大きさがオススメです。
切った障子紙

2 真ん中から半分に折り、折り目をつける。
障子紙

3 裏返して、端から中心に向かって折る。(両端)→ジャバラにする。
障子紙 じゃばら

4 ジャバラをきれいに折りたたんで、端から三角形に折る。
にじみ絵 折り方 解説

5 裏返す
にじみ絵 折り方 解説

6 三角形に折る。
にじみ絵 折り方 解説

↑この作業を最後まで繰り返す。
にじみ絵 折り方 解説

完成
にじみ絵 折り方 解説

四角に折ってもok。
四角に折る場合も三角形のときと同様に、細長い長方形にしてから折る→裏返す→折るを繰り返してジャバラに折っていきます。

四角形は正方形でなくても大丈夫です。
にじみ絵 折り方 解説

裏返して、四角に折るを繰り返す。
にじみ絵 折り方 解説

折り染め 色の付け方

1 絵の具を水で溶く。だいたい絵の具1に対して、10〜20倍の水で溶きます。

2 水で溶いた絵の具に折りたたんだ障子紙を浸します。
にじみ絵 色のつけかた

どこにどの色を浸すか、浸す量、重ねる色によって、様々な絵柄が現れます。
にじみ絵 色の付け方

3 色をつけたら、すぐに広げて新聞紙の上で乾かします。
にじみ絵を新聞紙の上で乾かす
濡れている状態だと色が濃く見えますが、乾くとマイルドに。
この、色の変化も楽しみの一つ。
乾燥したら出来上がりです。

折り染めの絵の具

基本的に、アクリル絵の具以外の水彩絵の具を使います。

ただ、粗悪な絵の具を使うと、色が染み込まず、きれいに染めることができませんでした。
ちなみに、100円ショップで購入した12色セット。

「このお値段にはそれなりの理由があるのだな」と買ったことを後悔。

オススメはシュトックマー社の絵の具です。
色素は、食品添加物に使用されるような、人体に無害なものを使用。
普通の絵の具を使うと、色が混ざったときに濁ってしまうことがありますが、この絵の具はクリアで発色が良いです。

シュトックマー社は、養蜂と蜜ろうキャンドルを作っていたハンス・シュトックマーさんが、蜜ろうを使ったクレヨンを作ったのをきっかけに誕生しました。
人体だけではなく、地球環境にも配慮した原材料を厳選しています。
自然をよく観察して作られたゲーテの色彩論とシュタイナーの教育学に沿った色作りをするなど、こだわりのある会社です。
(詳しく知りたい方はホームページがありますよ→ https://www.stockmar.jp/

子どもと一緒にできる手仕事

シュタイナー 子どもの手仕事 クロスウィービング(蜘蛛の巣編み) 編み方クロスウィービング

トランスパレント折り紙星トランスパレントペーパー折り紙

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です